XVL

  • ビューワー

XVLは、大容量の3D CADデータを高精度を保ちながら軽量化し、設計データ検証・組立指示書・部品表など製造業務全体における3Dデータ活用を支援します。
3D CADの普及によって蓄積が進む3Dデータの有効活用方法を提案します。

超軽量3Dデータを情報伝達媒体として活用し
製造業務全体のプロセス効率化を実現します

XVLは、3D形状はもちろん設計で付加した属性情報や製造・手配上必要となる製造構成・
組立構成等の情報を1つのファイルで保持・表現を可能とします。設計・開発・製造・生産・サービス・調達など、
各業務にあわせて効率的な3Dデータ活用が可能で、製造業務全体の業務最適化を実現します。

  • Point1
    CADデータを高精度の
    まま超軽量化
  • Point2
    大規模3Dデータも
    スピーディに表示
  • Point3
    3Dデータを効率的に
    活用できる表現力

CADデータを高精度を保ったまま超軽量化できます

XVLフォーマットは、最大1/100まで変換精度を保ちながら、CADデータを軽量化します。精度が必要とされる計測・干渉チェックなどの業務に最適です。
軽量な3Dデータのためネットワーク利用もできます。

メモリ消費量を抑えられるため大規模3Dデータもスピーディに表示します

3Dデータを表示する際のメモリ消費量を抑え、大規模3Dデータをスピーディに表示できます。
これまで表示ができなかった自動車や大型機器のフルモデルを使った設計検証が可能になります。
高性能な端末ではない個人のOA端末でも利用ができます。

3Dデータの効率的な活用に必要な属性情報を表現します

各業務で3Dデータを効果的に活用する際に重要なのが、3Dデータに付属する構成情報やプロパティなどの属性情報です。XVLは、3Dデータとともに、これらの属性情報を持ち、属性情報の編集やアニメーションの定義も行えます。

XVL製品群の変換・編集・閲覧機能によって
3D CADデータの有効活用を実現します

XVLは、以下の製品群によって構成されています。

XVLデータ変換ツール

XVL Converter Light
大量のCADデータを一括処理で変換するコンバーターです。

XVLデータの編集・閲覧を行うビューワー

XVL Studio Basic
基本性能を搭載したエントリーモデルのビューワーです。
XVL Studio Standard
編集機能が充実したXVLの標準ビューワーです。
XVL Studio Pro
大規模アセンブリのデザインレビューに適したビューワーです。

Webページ作成ツール

XVL Web Master
Web3D部品表・Web3D組立手順書を自動作成します。

メカトロ検証ツール

XVL Kinematics Suite
機構動作の定義・検証を行います。
XVL Vmech Simulater
制御ソフト検証を行います。

3D帳票作成ツール

Lattice3D Reporter
Excel上で3D帳票をカンタンに作成します。
Lattice3D Reporter Template Option
定型フォームの3D帳票をカンタンに作成します。
Lattice3D Reporter Publisher
バッチ処理で3D帳票をカンタンに作成します。

大量のCADデータを一括処理で変換するコンバーター
XVL Converter Light

複数の3Dデータを一括処理でXVL形式に変換するコンバーターです。コマンドラインのAPI(バッチ)も用意されており、カンタンに他システムと連携できます。
CADシステムを利用していない時間に一括して変換作業を行うことができます。

基本性能を搭載したエントリーモデルのビューワー
XVL Studio Basic

3Dビューワーとして必要とされる寸法作成・注記作成・断面生成などの基本機能を搭載したベーシックビューワーです。また、マテリアル・テクスチャなどのカンタン編集、IGESやポリゴンデータからXVL形式への変換などの機能を備えています。3Dデータ活用の第一歩として手軽に使用できます。

  • 3Dビューコントロール
  • 寸法作成
  • 要素測定
  • 注記作成(2D/3D注記・画像注記等)
  • 断面生成
  • マテリアル編集
  • IGES入力

編集機能が充実したXVLの標準ビューワー
XVL Studio Standard

XVLを後工程で活用するための基本機能をすべて搭載したXVL編集ツールです。寸法作成などのビューワーの基本機能に加えて、設計変更箇所の反映・簡易イラスト作成・アニメーション定義など、XVLの編集に必要となる機能が搭載されています。ドキュメント作成や組立指示書作成などXVLファイルの展開には必須のツールです。

  • 工程設計機能
  • アニメーション編集
  • リスト機能
  • 設計変更の反映

大規模アセンブリのデザインレビューに適したビューワー
XVL Studio Pro

デザインレビューに最適な機能を搭載したハイエンド3Dビューワーです。複数部品間の干渉チェック・干渉結果のリスト出力・断面の2D/3D同時表示・干渉部の断面生成機能などを搭載しており、デザインレビューを強力にバックアップします。

  • サーフェスオフセット形状生成
  • 干渉チェック
  • クリアランスチェック
  • 断面検証のための2D/3D同時表示
  • 干渉箇所のレポート出力

Excel上で3D帳票をカンタンに作成するツール
Lattice3D Reporter

Excel上にXVLデータを埋め込み、各種指示書や報告書、3Dデータを使った議事録などの帳票類をカンタンに作成できます。作成した帳票は、3Dデータ・画像・表などが連動し、情報伝達の質を高めます。設計変更後の情報更新にも対応しています。

  • 3Dインポート(XVL・IGES・U3D・STL・DXF・VRML・OBJ・3DS)
  • アニメーションの再生
  • Microsoft ExcelにXVLを埋め込み
  • 寸法・注記・断面機能
  • リスト出力(パーツ・アセンブリ・寸法・注記・工程)
  • スナップショット
  • データの保存(.xlsに全て内包)
  • 閲覧側への連携許可機能(連携オプションで対応)

定型フォームの3D帳票をカンタンに作成する
Lattice3D Reporter Template Option(オプション)

定型の帳票テンプレートを用意し、XVLファイルを指定すると、画像や情報を適切なセルに配置し、Excel形式の定型帳票を作成できます。部品表・パーツカタログ・作業工程表・加工指示書・作業指示書・デザインレビュー議事録の6種類のテンプレートが含まれています。

  • 文字転記・図形切り張り等の処理自動化
  • パラメータ設定でプログラミング知識不要

バッチ処理で3D帳票をカンタンに作成する
Lattice3D Reporter Publisher(オプション)

複数のXVLファイルを指定し、用意したテンプレートを使った定型帳票を一括処理で自動生成する製品です。

  • 複数ファイルの一括処理
  • 外部システムへの3D帳票作成機能組み込み

3D部品表・3D組立手順書の自動作成ツール
XVL Web Master

XVLファイルからHTML形式の3Dドキュメントをアニメーション付きで自動生成します。3Dデータに加えて、部品情報やイラストなどの情報を自動で抽出し、配置されます。XVLファイルと部品情報、イラストなどが相互にリンクするため、部品の判別が容易となり、分かりやすい3D部品表・3D組立指示書の作成ができます。

  • 各種ドキュメント自動生成
  • バルーン一括生成
  • 3Dパーツ(オプション)
  • 2Dイラスト(オプション)
  • 自動分解アニメーション(オプション)
  • 工程表示(オプション)
  • テンプレートカスタマイズ(オプション)

機構動作の仮想検証ツール
XVL Kinematics Suite

XVL Kinematics Suiteは、XVLデータに、回転軸やスライド軸などの動作軸定義を行い、仮想のメカモデル(デジタルモックアップ)を構築できます。機構プレビュー機能による動作確認や、タイミングチャートによるシナリオ動作確認と同時に動的干渉チェックを行うことでメカ設計、制御仕様の事前検証を行うことができます。実機検証時に発生する不具合を早期に検出し、実機検証期間を削減することで開発リードタイムの大幅な短縮に貢献します。

  • 機構要素設定と機構プレビューによる動作確認
    ・タイミングチャート動作による制御シナリオ検証

制御ソフトの仮想検証ツール
XVL Vmech Simulator

XVL VmechSimulatorは、XVL Kinematics Suiteにより定義された仮想メカモデルを使って、ソフトウェア検証を行うパッケージです。さまざまな制御コントローラやロボットコントローラと接続(通信)して、メカトロニクス製品に実装されるソフトウェアの実機レスデバッグ・試験を行うことが可能となります。実機完成前にソフトウェアの不具合を早期に検出し、実機検証期間を削減することで開発リードタイムの大幅な短縮に貢献します。

  • 3D設備で制御ソフトのシュミレーション
    ・各種制御コントローラとの接続
    ・高速なシミュレーションと各種ユーティリティ

デザインレビュー

XVLを利用したレビュー環境を整えることで、いつでも・どこでも・だれでもレビュー可能な環境を構築できます。3Dでレビューをする上で必要なさまざまな機能(フルAssy表示・指摘箇所ごとの注記・朱書き記入・2D/3D断面同時表示・n:nみよる干渉チェック・工程ごとの状態でレビュー)を提供します。

組立検証

出図・試作後から着手していた組立性評価の早期着手を実現します。
早期に評価を行うことで現場意思入れ・手戻り削減・試作コスト削減などの効果が見込めます。

現場向けXVLビューワー

操作が難しく敷居が高い3D活用を、教育不要で現場に展開できるビューワーを開発しました。
タブレット端末向けのインターフェースが備えており、シンプルな操作と分かりやすいメニューで利用できます。
業務・用途に合わせた機能追加も可能です。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。