1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. iEVOLUTION 2020

【開催終了】本展示会は終了いたしました。ご来場いだたきました皆様、誠にありがとうございました。

中堅企業向け最新ITソリューションが
一堂に会するデジタルイベント

【出展のご案内】iEVOLUTION 2020

企業課題を解決に導く最新のITソリューションについて、IT業界を牽引するスペシャリストが紹介する、株式会社イグアス主催デジタルイベント「iEVOLUTION 2020」に協賛出展いたします。
本デジタルイベントでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)に関するセミナーを中心に、企業の基幹システムとして定評のある、IBM i を活用した最新ソリューションを、各企業が直面する6つの課題に分けてご紹介いたします。
アルゴグラフィックスからは、AI活用ソリューションとして、クラスターファイルシステムソフトウェア「IBM Spectrum Scale」とメタデータ管理ソフトウェア「IBM Spectrum Discover」のホワイトペーパーを掲載いたします。

場所 日程 時間 会場
オンラインイベント 2020年11月12日(木) サイトオープン 11:00~
Live配信 14:00~
iEVOLUTION 2020 公式サイト
概要
主催
株式会社イグアス
協賛出展
株式会社アルゴグラフィックス 他
費用
無料(事前登録制)
お申し込み
iEVOLUTION 2020 公式サイトよりお申し込みください。
ご案内状

クラスターファイルシステムソフトウェア「IBM Spectrum Scale」

5G(第5世代移動通信システム)など技術革新により、日本の製造業においてもAI活用シーンが拡大する中、非構造化データを含む大量データを収集し活用するために、データレイクの実現が求められている。次世代ストレージとして、AI活用に取り組む企業において導入が進んでいるのが、クラスターファイルシステムソフトウェア「IBM Spectrum Scale」である。大量データを高速に収集する能力、分析に必要な高いI/O性能、柔軟な拡張性など、ビッグデータ時代のストレージに求められる要素を備えている点が高く評価されている。IBM Spectrum Scaleは、圧倒的なパフォーマンスとポテンシャルでAI活用を加速する。

メタデータ管理ソフトウェア「IBM Spectrum Discover」

DX(デジタルトランスフォーメーション)によりAIの本格的な活用が進む中、構造化データだけでなく、非構造化データを対象とする分析ニーズが高まっている。問題は、AI活用に向けていかに大量データを準備するか。人手により社内に散在している非構造化データを収集し、Excelなどで管理するには限界がある。非構造化データのメタデータから自動的にタグ付けし一元管理を実現するメタデータ管理ソフトウェア「IBM Spectrum Discover」が、その革新性と利便性から注目を集めている。多くの工数を要したデータ準備を不要とし、すぐにAI分析を開始できることから、トライ&エラーが必要となるAI分析で果たす役割は大きい。IBM Spectrum Discoverは、DX時代のAI活用の可能性を大きく広げる。

※注意事項:内容は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ