1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 3DEXPERIENCE実践術オンラインセミナー

【開催終了】本セミナーは終了いたしました。ご来場いだたきました皆様、誠にありがとうございました。

CASE時代に求められる
自動車サプライヤーの課題を紐解く

【ウェビナー】3DEXPERIENCE実践術オンラインセミナー

本オンラインセミナーは、8月20日(木)に開催する「自動車業界におけるデジタルトランスフォーメーションの加速 3DEXPERIENCEオンラインセミナー」のプレイベントとなっています。
これまでに開催した弊社セミナーの講演内容をベースにしたコンテンツを中心に、100年に1度の変革期「CASE時代」を迎える業界動向の中で、自動車サプライヤーの今後の動向と求められる対応を踏まえ、3DEXPERIENCEプラットフォームがどのように貢献できるかをご紹介いたします。

場所 日程 締切 定員 時間
オンライン 8月4日(火)Day1 受付終了 200名 14:00~15:20
※時間が変更になりました
8月5日(水)Day2 14:00~15:10
概要
主催
株式会社アルゴグラフィックス
定員
各回200名様まで
1社2名様まで(先着順)
参加費用
無料(事前登録制)
開催形式
オンラインセミナー(Zoom)
ご視聴は、Zoomアプリケーションのインストールを推奨します。オンラインセミナー開催前にインストールを実行いただけます。
インターネット・ブラウザのご視聴は、Google Chrome / FireFox / MicroSoft Edge の各最新バージョンを推奨します。
スマートフォン、タブレットのご視聴は、iOS / Android / Blackberryデバイス、Win8.1以降を実行しているSurface PRO2以降を推奨します。
※Internet Explorer / Safari は画面が映らない、音声が聞こえないなどの不具合が生じます。
※接続されるネット環境などにより遅延や音声の乱れが生じることがございます。有線LANにおける接続を推奨します。
対象
3DEXPERINCEプラットフォームを導入検討している自動車サプライヤー 設計部門・品証部門等の責任者様・管理者様
ご案内状
お申し込み締切日
受付終了しました。
お問い合わせ
弊社担当営業 またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

プログラム

13:50 ~ 14:00
オンラインセミナー アクセス開始
14:00 ~ 14:05

開会

14:05 ~ 14:15

設計情報を構造化する効果と3DEXPERIENCEのRFLP機能のご紹介
業務効率改善の一つの方法として、設計情報の整理と構造化が有効だと考えております。そこで、設計情報の構造化の必要性と、その効果についてご紹介いたします。また、3DEXPERIENCEのRFLP(要求、機能、論理、物理)によるデータ管理様式の概要とデモを通じた活用イメージをご紹介いたします。

14:15 ~ 14:45

設計・開発プロセスに対する3DEXPERIENCE適用例のご紹介
高品質で収益性のある製品を短期間で供給するためには、モノづくりプロセスにおける意志や意図、判断の根拠を形式知として蓄積、紐づけ管理することで、ノウハウを継承できるかが求められております。これらの課題を解決する為の情報共有基盤として、設計情報の一元管理・派生管理・設計部品表管理についてPOWER'BYアーキテクチャがどのように寄与できるかご紹介いたします。

14:45 ~ 15:05

デジタルイノベーションを加速する3DEXPERIENCE CATIA(ダイジェスト版)
CATIAの最新バージョンである3DEXPERIENCE CATIAは、複雑化・多様化するニーズに応える新たな価値が存在します。本講演では、「DESIGN」「ENGINEERING」「MANUFACTURING」などの領域から、「ENGINEERING」において、BOM運用を考慮したCAD構成の実現・利用シーンに応じた3Dデータ作成の効率化のトピック(V5との差分)を中心にご紹介いたします。

15:05 ~ 15:15

CAD/CAE VDIのご紹介
CAD/CAE VDIの概要をご紹介いたします。3DEXPERIENCEプラットフォームと同じサーバールームにVDI環境を構築することによって、大容量、多ファイルの処理を速くするメリットが得られます。また、どこでも3DEXPERIENCEプラットフォームを利用することができるようになります。

15:15 ~ 15:20

閉会

13:50 ~ 14:00
オンラインセミナー アクセス開始
14:00 ~ 14:05

開会

14:05 ~ 14:25

解析業務の効率化 <3DEXPERIENCE SPDMソリューション>
3DEXPERIENCEプラットフォームを導入することで、通常の解析作業で得られる解析結果だけでなく、「モデル」「シナリオ」「関連文書」といったデータも一元管理が可能となります。これらによって得られるメリットをユーザビリティの視点で、デモを交えてご紹介いたします。

14:25 ~ 14:45

プレス部品・溶接工程検討のご紹介 - CATIA / DELMIA / SIMULIA連携 -
「プレス部品の溶接工程検討」を題材に講演いたします。3DEXPERIENCEプラットフォームを活用して、設計・解析・生産技術が連携し合い、効率的に製品開発プロセスを実施していく一例についてご紹介いたします。

14:45 ~ 15:05

XVLを使用した 設計DR(デザインレビュー)での活用
XVLソリューションは、設計・工程DR(デザインレビュー)ツールです。3D形状作成はできませんが、さまざまな部門の業務に合わせて、3Dデータの効果的な活用推進をご支援いたします。本講演では、設計の業務で活用できる事例を含めさまざまな機能をご紹介いたします。

15:05 ~ 15:10

閉会

ページトップへ