1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 【出展のご案内】2019 SIMULIA Community Conference Japan
 

【開催終了】本ユーザー会は終了いたしました。ご来場いだたきました皆様、誠にありがとうございました。

【出展のご案内】2019 SIMULIA Community Conference Japan

ダッソー・システムズ主催のSIMULIAブランドの年次ユーザー会「2019 SIMULIA Communit y Conference Japan」に協賛出展します。当社講演として、「SimulationによるSPDMソリューション」を講演するほか、展示では、3DEXPERIENCEによる解析業務の効率化をはじめ、3次元測定機ソリューション、CADシンクライアントなど幅広いコンテンツをご紹介いたします。皆様のご参加を是非お待ち申し上げております。

場所 日程 時間 会場
東京
日本橋
10/29(火) 講演 9:30~18:00
展示 11:00~19:00
意見交換会 18:00~19:00
(受付開始 9:00)
べルサール東京日本橋
B2F イベントホール
10/30(水) 講演 10:00~17:00
展示 9:30~15:00
意見交換会 17:00~18:00
(受付開始 9:30)
概要
主催
ダッソー・システムズ株式会社
協賛出展
株式会社アルゴグラフィックス 他
入場料
無料(事前登録制)
詳細
お申し込み
「2019 SIMULIA Community Conference Japan」公式サイト

【お申し込み登録時のお願い】
お申し込みページ内項目のQ5-1にて【販売代理店からの案内】、Q5-2にて【株式会社アルゴグラフィックス】をご選択いただけますと幸いです。
ご協力何卒宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ
弊社担当営業 またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

パートナー講演のご紹介

SimulationにおけるSPDMソリューション
~3DEXPERIENCEプラットフォームにおける一元管理~

株式会社アルゴグラフィックス PLM開発統括本部 PLMサービス統括部 CAEソリューション部 部長 横溝 智史
DAY1 10月29日(火)17:15~17:35

Simulationに使用するモデルやメタ情報というのはノウハウの一旦として捉えられてはいるものの、関連性を可視化したり多くのデータを管理する仕組みが無く、製品開発において必要となる情報が整理されていませんでした。これらの情報をいかに効率的に活用するか、これがツールに求められるテーマとなります。
SIMULIA 3DEXPERIENCEにはこれらを実現する機能が多く存在しており、弊社ではこれらの情報をSPDM(Simulation Process & Data Management)を段階的に用いることで活用アプローチを推進しており、この手段の有効性と、データの一元管理がもたらす効果やメリット等をご紹介いたします。

展示内容

3DEXPERIENCEによる解析業務の効率化
3DEXPERIENCEプラットフォームを導入する事で、通常の解析業務で得られる解析結果だけでなく、「モデル」「シナリオ」「関連文書」といったデータを一元管理できることで得られるメリットを、ユーザー目線でご紹介する。また、Designer向けシミュレーションツールとしても進化を遂げた効率的な新機能やシームレスなユーザビリティについてもご紹介いたします。

NIKON 多関節アーム型3次元測定機
NIKON多関節アーム型3次元測定機はブルーレーザーを採用しており、従来機に比べより速く・広範囲・高精度な測定が可能です。業界最高クラスのスピードである秒間最大取得点数450,000点を実現し、さらに光沢のあるサンプルや色の変化への対応も強化、前処理無しの測定で測定工数の短縮に大きく貢献します。

CADシンクライアント
CAD作業をシンクライアント化することで、ネット環境があれば、端末を選ばずに作業ができるようになり、作業効率の向上・快適な設計環境・省スペース化を実現します。

※注意事項:内容は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ