1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 2017 設計CAEセミナー in 名古屋

設計CAEを加速する
最新技術動向や先進的な取組みをご紹介

2017 設計CAEセミナー in 名古屋

株式会社アルゴグラフィックスは、日本アイ・ビー・エム株式会社の協賛を得て、毎年恒例となりました「2017 設計CAEセミナー in 名古屋」を今年も以下のとおり開催いたします。
設計CAEの普及を加速する最新技術や、シミュレーション速度を加速する最新コンピューティング技術につきまして、事例を交えてご紹介いたします。
お客様事例では、武蔵精密工業様および豊田中央研究所様より、貴重なCAE活用事例をご紹介いただきますので、この機会をお見逃しなく、ぜひご参加賜りますようお願い申し上げます。

場所 日程 定員 時間 会場
名古屋 11月17日(金) 80名 13:30~17:30
(受付 12:30~)
JPタワー 名古屋 3階ホール
概要
主催
株式会社アルゴグラフィックス
協賛
日本アイ・ビー・エム株式会社
定員
80名 ※定員になり次第締め切らせていただきます
参加費用
無料
対象
製造業の設計、解析、生産技術、情報管理部門に係わる管理者・担当者
詳細
お申し込み締切日
11月15日(水)17:00まで、もしくは満席になり次第終了します。
お問い合わせ
弊社担当営業 またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
プログラム
12:30 ~
受付開始
13:30 ~ 17:30

【お客様事例講演】3DEXPERIENCEによる設計者CAE活用範囲の拡大

武蔵精密工業株式会社 様

設計者CAEと専任者CAEの線引きが曖昧であった当社では、なかなか非線形解析が設計者に使ってもらえない状態でした。そのソリューションとして3DEXPERIENCEの導入を決め、2018年度の本番環境導入に向けて実施した当社パイロット検証取組をご紹介いたします。

CAE実務適用に向けた アルゴCAE支援サービスのご紹介

CAEの実務適用に対する課題解決と、プロセス・ルール・インフラ・人材・組織の見直しを実現する具体的アプローチを、3DEXPERIENCEを軸にご紹介いたします。

展示内容のご紹介

CAEの機械学習を用いた活用コンセプトのご紹介

設計課題解決の手段として、具体的なCAE業務をベースに、機械学習活用のコンセプトをご紹介します。

製造業におけるディープラーニング活用の動向

製造業でも本格的になりつつあるディープラーニングの業務への活用動向、ディープラーニングを始めるにあたり効果的なITインフラやソフトウェアをご紹介いたします。

お客様事例 企業研究所におけるディープラーニングへの取り組み事例(仮)

株式会社豊田中央研究所 様

当社は、長年に渡りCAE/シミュレーション研究を行なっていますが、近年はデータ科学による研究にも注力しています。当社におけるディープラーニングへの取り組みについて、研究を支えるITインフラの観点から概要をご紹介いたします。(※調整中)

仮想GPU技術によるワークスタイル変革と次世代設計IT基盤の将来

エヌビディア合同会社 様

NVIDIA GRIDは2017年8月に大きな進化を遂げました。Pascal世代GPUに対し従来のワークステーション仮想化に加え、仮想マシン上でのGPGPUアプリケーションも稼働させることが可能になりました。GPUをあらゆる業務に活用頂くための次世代設計IT基盤の将来についてご紹介いたします。

お申し込み

「2017 設計CAEセミナー in 名古屋」は下記リンク先のお申し込みフォームより、お申し込み手続きをお願いいたします。
競合他社様、個人のお客様のお申し込みにつきましては、お断りをさせて頂く場合がございます。また、満席の場合は当社お客様を優先してご案内させて頂く場合がございますので、予めご了承ください。

ページトップへ