• 特集記事

NVIDIA vGPUを組み合わせたものづくりVDIのご紹介

新型コロナウイルスのパンデミックに端を発するニューノーマルの時代において、お客様の業務環境が大きく見直されていることかと思います。このような状況の中、製造業のお客様にワークスタイルに革新をもたらすアルゴグラフィックスの「ものづくりVDI」をご提案いたします。

近年、仮想マシンにGPUのリソースを割り当てることで、仮想デスクトップ環境でもCADを使うことが可能になり、オフィスニーズ以外にもVDIシステムの用途が拡大しています。

本動画ではまず、仮想デスクトップ環境の運用面におけるメリットを説明いたします。その上で、NVIDIAの仮想GPUを組み込むことで製造業のニーズに対応したVDIシステムをご紹介いたします。さらに、近年拡充されたNVIDIAの仮想GPUライセンスについても、オフィスアプリケーションから2D/3D CAD、CAE、HPCまでの各用途に向く構成事例を分かりやすい図解で解説いたします。

また、ワークスタイルを大きく変えるCAD-VDIシステムをはじめて導入・検討されるお客様へ、vGPU販売実績No.1のアルゴグラフィックスが提案する「おまかせ!オールインワン構成」として、スタートアップ10ユーザー構成、および本番導入に向けた使いやすい30ユーザー構成をご紹介いたします。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。