1. トップ
  2. 特集記事・ホワイトペーパー
  3. IoT・ビッグデータ時代 ディープラーニングに最適なMinsky+PowerAIが製造業へもたらす価値
  • ホワイトペーパー
  • PDFダウンロード

IoT・ビッグデータ時代
ディープラーニングに最適なMinsky+PowerAIが製造業へもたらす価値

ドイツ政府が主導して進めているIndustry4.0は第四次産業革命とも言われ、Cyber Physical Systems(CPS)をコンセプトとしています。仮想空間(Cyber)のITシステムによるコンピューティング能力を利用し、現実空間(Physical)の製造現場のセンサーログなど膨大な情報を分析・処理することで、インテリジェントな生産システムを構築し製造業の競争力を高めるプロジェクトです。国内でもセンサーログや画像など現場の情報を利用する「モノのインターネット(IoT)」の活用に取り組む製造業の企業が増えています。

膨大な情報の分析を支援するAI・ディープラーニング

製造現場から日々生成される膨大でさまざまなデータを分析し、意味のある結果を導き出すには、人的作業では限界があります。そこで注目されているのがAIの活用です。
そのAIの中でも、人間の脳の仕組みを応用したニューラルネットワークをアルゴリズムとする「ディープラーニング」が効果を発揮すると言われています。「機械学習」では分析ポイントを人間が指示しなくてはならなかったのですが、「ディープラーニング」では、データの分析を繰り返すことでAI自身が分析ポイントを自己訓練で見つけ出すようになります。IoT・ビッグデータの活用において、AI・ディープラーニングの利用は多くのメリットを生み出します。

「IoT・ビッグデータ時代 ディープラーニングに最適なMinsky+PowerAIが製造業へもたらす価値」ホワイトペーパー(PDF)につきましては、下記のリンク先よりフォームをご入力ください。

送信後、ご入力いただいたメールアドレスにダウンロード用URLと開封用パスワードをお送りいたします。

※IBM、IBM ロゴ、ibm.com、POWER8、ならびにPower Systems は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporation の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBM または各社の商標である場合があります。現時点での IBMの商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。その他、記載されている会社名・製品名は一般に各社の商標または登録商標です。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ