1. トップ
  2. 特集記事・ホワイトペーパー
  3. 製品開発に必要な情報をすべて共有できる3DEXPERIENCEプラットフォーム
  • 特集記事

製品開発に必要な情報をすべて共有できる
3DEXPERIENCEプラットフォーム

3DEXPERIENCEプラットフォームは、従来のファイルベースからデータベースで管理することによってオンライン協業環境を提供します。ENOVIAですべてのデータを一元管理し、CATIA・SIMULIA・DELMIAなどの各種アプリケーションが共通のプラットフォームで動作します。
R2014xリリースからユーザーインタフェースを大幅に刷新し、ユーザーの役割に応じた情報の表示・機能の実行・データの処理が可能になりました。経営者・管理者は競合情報・業界ニュースや自社のプロジェクト全体俯瞰・リソース/コスト状況などが確認でき、設計者は担当プロジェクトのタスク・課題状況の確認や他部門とのコミュニケーションなどに活用できます。

3DEXPEREIENCEプラットフォーム導入の7つのメリット

  • 海外拠点間もスムーズに業務プロセスを連携できるためコミュニケーションが向上します。
  • データを一元管理できるため、情報収集や情報伝達にかかる時間を削減します。
  • 世界中の拠点で蓄積されるノウハウを共有できるため、設計品質の向上や手戻りを削減します。
  • 開発の初期段階から全部門で情報を共有できるため、フロントローディングを実現します。
  • セキュアなシステムによってデータが一元管理できるため、知的財産を保護します。
  • 日本の開発プロセスを海外拠点に遵守・徹底させることができるため、日本品質を確保します。
  • 要求・仕様とひも付いた製品設計や検証ができるため、トレーサビリティ(追跡性)を実現します。

3DEXPEREINCEプラットフォームに関連する特集記事

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ