1. トップ
  2. トピックス
  3. シミュレーション・システムDRIVE Constellationを発表 - 仮想環境で自動運転車が数十億マイルを安全に走行(NVIDIA)

シミュレーション・システムDRIVE Constellationを発表 - 仮想環境で自動運転車が数十億マイルを安全に走行(NVIDIA)

2018年03月27日(火)NVIDIA

新しいデータセンター・ソリューションがNVIDIA DRIVE Pegasusを統合、自動運転車の広範なテストと検証にDRIVE Simソフトウェアを実行

米国カリフォルニア州サンノゼ — GPU テクノロジ・カンファレンス— (2018年3月27日) — NVIDIA (NASDAQ:NVDA) は、自動運転車のテスト用に、フォトリアルなシミュレーションによるクラウドベースのシステムを発表しました。これによって、自動運転車を公道上に導入するための、より安全で、より拡張性の高い手法が生み出されます。

NVIDIAの創業者兼 CEOであるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、GTC(GPU テクノロジ カンファレンス)2018 開会時の基調講演に登壇し、別々のサーバー2つを基盤にしたコンピューティング・プラットフォームである、NVIDIA DRIVE Constellationを発表しました。

1つめのサーバーはNVIDIA DRIVE Simソフトウェアを実行し、カメラ、ライダー、レーダーなど、自動運転車のセンサーをシミュレートします。2つめのサーバーは強力な AI 車載コンピューターである NVIDIA DRIVE Pegasusを搭載します。このNVIDIA DRIVE Pegasusにより、自動運転車用のソフトウェア・スタック一式が実行され、シミュレートされたデータは、あたかも実際の道路上を走行する車のセンサーから得たデータであるかのように処理されます。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ