1. トップ
  2. トピックス
  3. 世界をリードするディープラーニング・コンピューティング・プラットフォームを強化6か月でパフォーマンスを10倍に(NVIDIA)

世界をリードするディープラーニング・コンピューティング・プラットフォームを強化6か月でパフォーマンスを10倍に(NVIDIA)

2018年03月27日(火)NVIDIA

メモリが2になった最新Tesla V100 32GB GPU、革新的なNVSwitch ファブリック、包括的なソフトウェア・スタックでパフォーマンスの向上を実現
DGX-2が初の2ペタフロップ・ディープラーニング・システムに

米国カリフォルニア州サンノゼ — GPUテクノロジ・カンファレンス— (2018年3月27日) — NVIDIA (NASDAQ:NVDA) は、世界をリードする同社のディープラーニング コンピューティング・プラットフォームに対する一連の重要な機能強化を発表しました。これにより、ディープラーニング・ワークロードにおいて、6か月前の前世代に比べ10倍のパフォーマンスを実現します。

すべての主要クラウド・サービス・プロバイダーとサーバー・メーカーに採用されているNVIDIAプラットフォームへの主な機能強化には、もっともパワフルなデータセンターGPUである NVIDIA Tesla V100のメモリが2倍になったほか、革新的な最新 GPUインターコネクト・ファブリックである NVIDIA NVSwitchが含まれます。NVSwitchによって、最大16基のTesla V100 GPUを使って1秒間に2.4テラバイトという記録的な速度で同時通信できるようになります。また、完全に最適化された最新のソフトウェア・スタックも発表しました。

他にも、NVIDIAは、2ペタフロップスもの計算能力を提供できる初の単一サーバーであるNVIDIA DGX-2によって、ディープラーニング・コンピューティングにおける重要なブレークスルーを打ち出しました。DGX-2は15ラックを占める300台のサーバーに匹敵するディープラーニング処理能力を備えつつ、サイズはその60分の1で、電力効率は18倍です。

NVIDIAの創業者兼 CEOであるジェンスン フアン (Jensen Huang) は、GTC 2018でこのニュースを発表した際、次のように述べています。「このディープラーニングの驚異的な機能強化は、今後さらに発表される機能のほんの一部でしかありません。これらの機能強化の多くは、またたく間に世界標準となった NVIDIA のディープラーニング プラットフォームに基づいています。当社はムーアの法則を大きく上回るペースでプラットフォームのパフォーマンスを劇的に向上させており、医療、輸送、科学探査、その他の数え切れない分野での変革を後押しするブレークスルーをもたらします。」

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ