1. トップ
  2. トピックス
  3. データセンターをAIで管理するHPE InfoSight発表しHPE Nimble Storage全ラインアップの販売を開始(HPE)

データセンターをAIで管理するHPE InfoSight発表し
HPE Nimble Storage全ラインアップの販売を開始(HPE)

2017年11月22日(水)HPE

HPE InfoSightに対応した業界初のAIレコメンデーションエンジンで自律型データセンターを実現、
さらにHPE InfoSightをHPE 3PARにも拡張

日本ヒューレット・パッカード株式会社は、インフラ管理における憶測に基づいた作業を簡素化ならびに削減し、アプリケーションの信頼性を高める業界初の人工知能(AI)レコメンデーションエンジン「HPE InfoSight」を発表します。「HPE Nimble Storage」のコアテクノロジーとして培われてきた予測分析プラットフォーム「HPE InfoSight」は、インフラの課題を事前に予測および防止する機能により、データセンターにソフトウェア定義のインテリジェンスをもたらします。先進的な機械学習を活用した「HPE InfoSight」の新しい機能により、データセンター自律化への道が開かれます。ヒューレットパッカード エンタープライズ(HPE)は、機械学習を自社のストレージおよびサーバー製品ポートフォリオ全体に拡張するというコミットメントに基づき、初めて「HPE 3PAR」に対応した「HPE InfoSight」を同時に発表します。

また、2017年11月1日、HPEはNimble Storage 社の統合を完了し、HPE Nimble Storage製品事業を本格的に開始しました。これに伴い、「HPE Nimble Storage」製品ポートフォリオをリニューアルし、全ラインアップの取り扱いを11月13日より開始し、直販および、すべての日本ヒューレット・パッカードのチャネルパートナーを通じて販売いたします。「HPE Nimble Storage」は予測分析プラットフォーム「HPE InfoSight」により、実測ベースで99.9999%の可用性を実現しており、製品の標準サービスレベルとして、99.9999%可用性を保証する業界初のストレージとなります。

「今日の企業にとって、アプリケーションの動作中断やレスポンスタイムの遅延は許容されません。しかしながら複数の業務システムが統合された環境では、データを提供するストレージとそれを処理するアプリケーションのデザインにギャップが存在し、業務の中断や遅延が生じているのが実情です。HPEは「HPE InfoSight」のAIと予測分析機能を通じて中断や時間損失を最小限に抑え、問題解決に費やされる時間を最大85%削減します

「HPE InfoSight」は、ネットワークに接続された世界中の導入済み製品の何百万ものセンサーから集めたデータを毎秒分析し、ストレージからアプリケーションへの問題を予測し解決しています。「HPE InfoSight」によってパフォーマンスとアプリケーション稼働の信頼性が高まり、99.9999%を超える可用性が保証されます。

HPEのストレージ担当GM 兼 シニアバイスプレジデントであるビル・フィルビン(Bill Philbin)は、次のように述べています。「HPE InfoSightは、ユーザーよりも早く問題を予測し、それを先取りして解決する、主要ストレージベンダーとしては初めてのソリューションです。今日のビジネスにおいては、アプリケーションが果たす役割が高まり、お客様による自己管理型のITモデルへの移行を支援することが必要とされています。HPE InfoSightにより、企業のIT部門は問題のトラブルシューティングではなく、ビジネスに価値を付加するプロジェクトにより多くの時間をかけることができるようになります。」

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ