1. トップ
  2. トピックス
  3. 2021年度
  4. A30およびA10 GPUを含む、エンタープライズ・サーバー用GPUでAI推論の記録を達成(NVIDIA)

A30およびA10 GPUを含む、エンタープライズ・サーバー用GPUでAI推論の記録を達成(NVIDIA)

2021年4月21日(水)NVIDIA

NVIDIA AIプラットフォームが、データ・センターからエッジまで、すべての MLPerfカテゴリで記録を更新

2021年4月21日、カリフォルニア州サンタクララ — NVIDIAは本日、メインストリーム・サーバー用GPUであるNVIDIA® A30 GPUおよびA10 GPUが新たに追加された NVIDIAのAI推論プラットフォームが、MLPerfの最新ラウンドにおけるすべてのカテゴリで記録的なパフォーマンスを達成したことを発表しました。

MLPerfは、コンピューター・ビジョン、医用画像、レコメンダー・システム、音声認識、自然言語処理といったさまざまなワークロードにわたってAIパフォーマンスを測定する、業界標準のベンチマークです。

今回初めてMLPerfに登場したNVIDIA A30 GPUおよびA10 GPUは、高いパフォーマンスと低消費電力を兼ね備え、AI推論、トレーニング、グラフィックス、および従来のエンタープライズ向けのコンピューティング・ワークロードに至るまで、幅広いメインストリームのオプションを企業に提供します。Cisco、Dell Technologies、Hewlett Packard Enterprise、InspurおよびLenovoが今夏より、大量に出荷されている自社のサーバーにこれらの GPU を搭載する予定です。

NVIDIAは今回の成果を達成するにあたり、さまざまなGPUやTensorRT™やNVIDIA Triton™ Inference ServerといったAIソフトウェアで構成されるNVIDIA AIプラットフォームをフル活用しました。TensorRT™ や NVIDIA Triton™ Inference Serverは Microsoft、Pinterest、Postmates、T-Mobile、USPSやWeChatといった大手企業にすでに採用されています。

NVIDIA のアクセラレーテッド・コンピューティング部門ゼネラル・マネージャー兼バイス・プレジデントであるイアン バック(Ian Buck)は次のように述べています。「AIがあらゆる業界に変革をもたらし続ける中、MLPerfは、企業がITインフラストラクチャへの投資において情報に基づく決定を下すために、その重要性がますます高まってきています。今や大手OEMはすべてMLPerfの結果を提出しており、NVIDIAとパートナーが目下注力しているのは、世界をリードする性能をAIにもたらすことに留まらず、新しいA30 GPUおよびA10 GPUを搭載したエンタープライズ向けサーバーの波によってAI を民主化することです。」

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ