1. トップ
  2. トピックス
  3. 2020年度
  4. AMD EPYC 7002シリーズ・プロセッサーを搭載したHPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemの提供開始を発表(HPE)

AMD EPYC 7002シリーズ・プロセッサーを搭載したHPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemの提供開始を発表(HPE)

2020年07月08日(水)HPE

新たなHPC & AIソリューションが、エクサスケール時代の企業のデジタルトランスフォーメーションを支援

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード株式会 本社:東京都江東区、社長執行役員:ジャスティン・ホタード)は、AMD® EPYC™ 7002シリーズ・プロセッサーを搭載したHPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemの提供を2020年7月8日より提供開始します。

エクサスケール時代において企業がデジタルトランスフォーメーションを進めるには、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)によるモデリングとシミュレーション、人工知能(AI)、ビッグデータ分析など、膨大なデータを使用して新たなワークフローを処理できるだけのパワーと柔軟性を備えたサーバーインフラストラクチャが必要になります。このようなデータを管理するため、世界で最も高速なスーパーコンピュータと同等の技術が、近い将来、企業でも利用されるようになると予想されます。

HPEはHPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemにより、企業がデジタルトランスフォーメーションを加速させるためのインフラストラクチャを提供します。HPE Apollo 2000 Gen10 Plus System は、HPC & AI分野でのお客様の最も重要なワークロードに必要とされる、新たな水準のパフォーマンス、信頼性、セキュリティ機能の提供を通じて継続的に機能強化されています。

またCray社買収を通じて取得したソフトウェアとハードウェア関連の技術により、HPEはスーパーコンピューティングに関して市場で最も幅広い能力を獲得しました。HPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemには、すべてのデータセンターに様々な規模のスーパーコンピュータを提供するため、HPEがその製品ラインアップに導入しているエクサスケール時代の技術が組み込まれています。

あらゆる規模のデータセンターに適用できる、次世代の高密度スケールアウト型スーパーコンピューティングを提供するHPE Apollo 2000 Gen10 Plus Systemは、エクサスケール時代のHPC & AIアプリケーションに求められる高度な要求に応えます。高い性能を誇る第2世代AMD EPYC 7002プロセッサーを、240Wを超えたTDP(Thermal Design Power:熱設計電力)までサポートすることによって、アプリケーションの性能の向上を実現します。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ