1. トップ
  2. トピックス
  3. 2019年度
  4. 企業のAI導入を推進するため 「Dell Technologies AI Experience Zone」の開設を発表(DELL)

企業のAI導入を推進するため 「Dell Technologies AI Experience Zone」の開設を発表(DELL)

2020年02月19日(水)DELL

AIのビジネス メリットを理解する場と最新 AI ソリューションへのアクセスを提供

デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm ):(代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル テクノロジーズ)は、東京都港区三田のオフィス(住所:港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館9階)に「Dell Technologies AI Experience Zone(エクスペリエンス ゾーン)」を開設したことを発表しました。知識共有に特化した場であるこれらのゾーンは、ユーザーに没入的なAI(人工知能)エクスペリエンスを提供し、お客様やパートナー企業におけるAIの理解と導入を促進する役割を果たします。

デル テクノロジーズの「Digital Transformation Index」によると、日本のビジネス リーダーにとって、AIは最も優先度が高い支出項目の1つで、2人に1人のビジネスリーダーが、今後1~3年以内に自社のデジタル戦略の一環としてAIへの投資を予定していると回答しています。ただし、依然としてトランスフォーメーションにおける課題を抱えている企業は90%近くに上り、これらの課題の1つとして社内のスキルセットとノウハウの不足が挙げられています。

「Dell Technologies AI Experience Zone」は、既存のデル テクノロジーズ カスタマーソリューションセンター内に設置され、AIテクノロジーと先進技術への理解を深めることや、AIソリューションのデザインおよび展開について実践的なハンズオン エクスペリエンスを手にしたいと考えているお客様およびパートナー企業に、オープンな環境を提供します。「AI Experience Zone」では、デル テクノロジーズのハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)およびエコシステムをいかに活用して、幅広い業界で企業が直面しているビジネス上の課題および機会に対応していくことができるのかを学ぶことができます。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ