1. トップ
  2. トピックス
  3. 2019年度
  4. 自律マシン向けの先進のソフトウェア・デファインド・プラットフォーム、DRIVE AGX Orinを発表(NVIDIA)

自律マシン向けの先進のソフトウェア・デファインド・プラットフォーム、DRIVE AGX Orinを発表(NVIDIA)

2019年12月18日(水)NVIDIA

自律マシン向けの先進のソフトウェア・デファインド・プラットフォーム、DRIVE AGX Orin を発表

2019年12月18日、中国蘇州 — GTC China — NVIDIA は、自動運転車両およびロボット向けの高度で先進的なソフトウェア デファインド プラットフォーム、NVIDIA DRIVE AGX Orin を発表しました。

このプラットフォームは、Orinと呼ばれる新しいシステムオンチップ (SoC) がベースとなっています。Orinは、170億個のトランジスタを集積し、4年間の研究開発投資によって生まれました。Orin SoCには、NVIDIAの次世代のGPUアーキテクチャとArm Hercules CPUコア、更に、ディープラーニング用とコンピューター・ビジョン用の新しいアクセラレーターが実装され、NVIDIA の前世代のXavier SoCの7倍近くの処理能力となる、1秒当たり合計200兆回の演算能力を実現します。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ