1. トップ
  2. トピックス
  3. 2019年度
  4. データ・サイエンティストおよびAI、HPC研究者のデータのボトルネックを解消するMAGNUM IOソフトウェア・スイートを発表(NVIDIA)

データ・サイエンティストおよびAI、HPC研究者のデータのボトルネックを解消するMAGNUM IOソフトウェア・スイートを発表(NVIDIA)

2019年11月18日(月)NVIDIA

新技術により、大規模なデータをこれまでより最大 20 倍速く処理

2019年11月18日、デンバー - SC19 - NVIDIA は本日、データ・サイエンティストやAIおよびハイ・パフォーマンス・コンピューティングの研究者が膨大な量のデータを数時間ではなく、数分で処理できるようにするソフトウェアのスイート、NVIDIA Magnum IOを発表しました。

ストレージおよび入出力のボトルネックを解消するために最適化された、Magnum IOにより、複雑な財務分析や気候モデリング、その他のHPCワークロードの実行など、大規模のデータセットに対処する際、複数のサーバー、複数のGPUコンピューティング・ノードでのデータ処理を最大で 20 倍速くします。

NVIDIAは、DataDirect NetworksやExcelero、IBM、Mellanox、WekaIOといったネットワークおよびストレージの業界のリーダー企業と緊密に連係して、Magnum IOを開発してきました。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ