1. トップ
  2. トピックス
  3. 2019年度
  4. NVIDIAと主要テクノロジ企業が連携し、HPCアーキテクチャの多様化を推進するGPUアクセラレーション ARMサーバーを構築(NVIDIA)

NVIDIAと主要テクノロジ企業が連携し、HPCアーキテクチャの多様化を推進するGPUアクセラレーションARMサーバーを構築(NVIDIA)

2019年11月18日(月)NVIDIA

Arm、Ampere、Cray、富士通、HPE、Marvellが、エッジ向けハイパースケール クラウド、AI向けシミュレーション、エクサスケール・スーパーコンピュータ向け高性能ストレージにまで対応するNVIDIA GPU アクセラレーション・サーバーを構築

2019年11月18日、デンバー - SC19 - NVIDIA は本日、企業がGPUアクセラレーションArm®ベース・サーバーを迅速に構築するためのリファレンス・デザイン・プラットフォームを発表しました。このプラットフォームは、科学や産業分野での幅広いアプリケーションに対応するハイ・パフォーマンス・コンピューティングの新時代を牽引します。

SC19 スーパーコンピューティング・カンファレンスでNVIDIAの創業者/CEOであるジェンスン フアン (Jensen Huang) が発表したこのリファレンス・デザイン・プラットフォームは、ハードウェアおよびソフトウェアから構成されており、HP コミュニティで高まるCPUアーキテクチャの幅広い利用に対する需要に対応したものです。これにより、スーパーコンピューティング・センターやハイパースケール・クラウド事業者および企業は、NVIDIAのアクセラレーション・コンピューティング・プラットフォームの利点を最新のArmベース・サーバー・プラットフォームと組み合わせることができます。

このリファレンス・プラットフォームを構築するために、NVIDIAはArmおよび、Ampereや富士通、Marvellを含む同社のエコシステム・パートナーと連携し、NVIDIA GPUがArmベースのプロセッサとシームレスに動作するようにしています。このリファレンス・プラットフォームは、Hewlett Packard Enterprise傘下のCrayならびにHPEという、初期のArmベース・サーバーのプロバイダーであった2社との強固なコラボレーションの賜物でもあります。また、幅広い領域のHPCソフトウェア企業がNVIDIA CUDA-X™ライブラリを使用して、Armベースのサーバーで実行されるGPU対応の管理およびモニタリング用ツールを構築しています。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ