1. トップ
  2. トピックス
  3. 2019年度
  4. 絶え間なく累積し続けるデータ管理に最適な エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ 「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および 最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始(DELL EMC)

絶え間なく累積し続けるデータ管理に最適な エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ 「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および 最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始(DELL EMC)

2019年11月01日(金)DELL EMC

エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンスを提供開始

デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm):(代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル テクノロジーズ)は、エンタープライズ向けオブジェク・ストレージ「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始したことを発表しました。

昨今、オブジェクト ストレージに対する情報システム担当者の関心度が急速に高まっています。オブジェクト・ストレージとは、従来のストレージとは異なるオブジェクトと呼ばれる単位でデータ ストレージ機能を持ち、取り扱えるファイル数に制約のある階層型ファイル・システムとは違い、無制限にデータを格納できる高い自由度を持つフラットなデータ空間をアプリケーションに提供します。このようなオブジェクト・ベースのソリューションは、際限なく増加し続けるデータの管理に最適な方法の1つであり、なおかつ従来のIT予算を超えることのない価格を実現します。アプリケーションやWebサイト、ビデオ カメラ、IoTセンサー、その他のソースからのデータが絶え間なく累積していく中で、これらのデータを取り込んで活用できる適切なシステムの選択肢は、これからのITにはきわめて重要です。

「ECS」は、エンタープライズ・レベルの技術革新で実績を積み上げてきたDell EMC製品の中でも、より高いスケーラビリティー、管理性、耐久性、および経済性を兼ね備え、企業をはじめとするあらゆる組織の現在および将来のニーズに対応可能なオブジェクト・ストレージ・プラットフォームです。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ