1. トップ
  2. トピックス
  3. 2019年度
  4. CUDAがArmに対応しエクサスケールのスーパーコンピューティングへの新たな道筋を提供(NVIDIA)

CUDAがArmに対応しエクサスケールのスーパーコンピューティングへの新たな道筋を提供(NVIDIA)

2019年06月17日(月)NVIDIA

HPCの世界的リーダー企業が新しいプラットフォームに賛同

ドイツ、フランクフルト (2019年6月17日) — International Supercomputing Conference - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、Arm CPUに対応すると発表しました。これによりエネルギー効率にきわめて優れた、AI対応のエクサスケール・スーパーコンピューティングへの新たな道筋が、ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) 業界にもたらされるようになります。

NVIDIAは、600以上のHPCアプリケーションおよびすべてのAIフレームワークを含む、NVIDIAのAIおよびHPCソフトウェアのフルスタックを、本年末までにArmのエコシステムで利用できるようにいたします。このスタックには、NVIDIA CUDA-X AI™とHPCライブラリ、GPUアクセラレーテッドAIフレームワーク、ならびにOpenACC対応のPGIコンパイラおよびプロファイラといった、ソフトウェア開発ツールが含まれています。

スタックの最適化が完了すると、NVIDIAでは x86、POWERおよびArmを含む、すべての主要CPUアーキテクチャを高速化します。

NVIDIAの創業者/CEOのジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、次のように述べています。「スーパーコンピュータは、科学の発見に欠かすことができません。エクサスケールのスーパーコンピューティングが実現されれば、人類の知識の領域が劇的に広がることになるでしょう。従来のコンピューティングのスケーリングが終焉を迎えると、すべてのスーパーコンピュータは電力による制限を受けるようになります。NVIDIAのCUDAアクセラレーテッド・コンピューティングとArmのエネルギー効率のよい CPUアーキテクチャを組み合わせることにより、HPCコミュニティはエクサスケールへと進化できるようになります」

Armの最高経営責任者(CEO)であるサイモン・シガース(Simon Segars)は、次のように述べています。「Armは、エコシステムと協力して、これまでにないコンピューティングパフォーマンスの向上とエクサスケールクラスの機能をArmベースのSoCに提供します。 CUADアクセラレーションをArmアーキテクチャに実装させるためにNVIDIAと協力することは、すでに世界で最も複雑な研究課題のいくつかに対処するためにArmテクノロジを展開しているHPCコミュニティにとって重要なマイルストーンです。」

本日リリースされたGreen500リストによれば、NVIDIAは、世界で最もエネルギー効率に優れた25のスーパーコンピュータのうちの22で採用されています。

これを可能にした主な要因としては、大規模な処理を、よりエネルギー効率に優れた、並列処理のCUDA® GPUにオフロードすることのできるNVIDIA GPU搭載スーパーコンピュータの能力、スーパーコンピュータ・クラスタ全体にわたって処理の最適化を可能にするNVIDIAとMellanoxとの連携、ならびに、きわめて高密度な拡張ノードを生み出すことのできるSXM 3DパッケージングおよびNVIDIA NVLink® インターコネクト・テクノロジのNVIDIAによる発明が挙げられます。

NVIDIAによる、ArmをベースとしたHPCシステムへの対応は、10年以上にわたる連携を通じて生まれたものです。NVIDIAは、ポータブル・ゲーミング、自律走行車、ロボティクスおよび内蔵型AIコンピューティング向けチップ製品に実装された、いくつかのシステムでArmのテクノロジを採用しています。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ