1. トップ
  2. トピックス
  3. 自律走行車を仮想環境で検証するためのNVIDIA DRIVE Constellationの提供を開始(NVIDIA)

自律走行車を仮想環境で検証するためのNVIDIA DRIVE Constellationの提供を開始(NVIDIA)

2019年03月18日(月)NVIDIA

オープンでスケーラブルなシミュレーション プラットフォームによって自律走行車の大規模な仮想走行が可能に

米国カリフォルニア州サンノゼ — GTC — (2019年3月18日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、自律走行車のシミュレーション プラットフォームであるNVIDIA DRIVE Constellation の提供を開始したことを発表しました。

このクラウドベースのプラットフォームは、ルーティン走行から、まれにしか発生しない状況や危険な状況まで幅広いシナリオに渡り、現実世界での走行よりも高い効率と費用対効果、および安全性をもって、仮想世界における何百万マイルもの運転を可能にするものです。

昨年のGTCで初めて発表されたDRIVE Constellationは、異なる2つのサーバーで構成された、データセンターソリューションです。1つめのサーバーであるDRIVE Constellation Simulatorは、NVIDIA GPUでDRIVE Simソフトウェアを実行し、仮想世界を運転する仮想自動車からセンサーデータを生成します。2つ目のサーバーであるDRIVE Constellation Vehicleは、AI車載コンピューターであるDRIVE AGX Pegasusを内蔵し、シミュレーションで得られたセンサー データを処理します。

Constellation Vehicleの運転判断は Constellation Simulatorにフィードバックされ、それにもとづいて、ビット単位の精度を持ち、タイミングも正確な「hardware in the loop (ハードウェアインザループ)」テストが実現されるようになります。

シミュレーションは、サードパーティ及び規制の自律走行車の規格にとって重要な要素となります。TÜV SÜDのような安全性認証機関は自動運転車のためのテスト規格づくりにすでにこのプラットフォームを使用しています。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ