1. トップ
  2. トピックス
  3. 2018年度
  4. IBM Watsonがあらゆる場所で利用可能に(IBM)

IBM Watsonがあらゆる場所で利用可能に(IBM)

2019年02月13日(水)IBM

新たなサービスがベンダー・ロックインに終止符を打ち、AI活用に新しい展開の到来を告げる

サンフランシスコ – IBM Think – 2019年2月12日(現地時間)発:IBM(NYSE:IBM)は、これまで試験的だったAI環境を、大規模に展開して業界を変革できるものに変えようとしています。IBMは本日、AIの新しい展開方法が可能になったことを発表いたします。Watsonがあらゆるクラウド環境に展開可能となり、企業はベンダー・ロックインを解消し、データのある場所でAIを活用できるようになります。

IBMのData and AI担当のゼネラル・マネージャー、ロブ・トーマス(Rob Thomas)は次のように述べています。「クラウド・プロバイダーにデータがロックインされているため、企業はほとんどサイロの中でしかAIを試すことができていません。多くの大企業は複数のハイブリッド・クラウド環境にまたがってデータを保管しているので、保管場所にかかわらず、自由にデータにAIを活用できるようにならなければなりません。このようにサイロ化されたインフラストラクチャーに風穴を開けることで、IBMは企業のAIによる変革を支援できます。」

IBMのAIであるWatsonは、AIをプロセスに組み込みビジネスの成果を高めようとしている企業を支援するように設計されています。Watsonには、データ・マイニング、業績予測、時間やリソースに制限のあるプロセスの自動化を行おうとしている世界中の企業の役に立つアプリケーション、開発ツール、機械学習モデル、管理サービスが一式用意されています。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ