1. トップ
  2. トピックス
  3. 2018年度
  4. 世界初の商用利用可能なレベル2+自動運転システム、DRIVE AutoPilotを投入(NVIDIA)

世界初の商用利用可能なレベル2+自動運転システム、DRIVE AutoPilotを投入(NVIDIA)

2019年01月08日(火)NVIDIA

ContinentalとZFが、2020年の生産を予定する、NVIDIA DRIVEをベースとした L2+のソリューションを発表

2019年1月7日、ラスベガス - CES - NVIDIAは、世界で初めて商用利用可能な、レベル2+自動運転システムである NVIDIA DRIVE AutoPilotを発表しました。DRIVE AutoPilotには、複数の画期的なAIテクノロジが実装されており、これによって、来年までに監視付き自律走行車両の生産が可能となります。

CES 2019では、自動車の大手サプライヤーである ContinentalとZFが、NVIDIA DRIVEをベースとしたレベル2+の自動運転ソリューションを発表しました。2020年に生産を開始する予定となっています。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ