1. トップ
  2. トピックス
  3. ハイブリッドクラウドのデータ保護を簡素化する「HPE Nimble Storage」および「HPE 3PAR」向けの新ソリューションを発表(HPE)

ハイブリッドクラウドのデータ保護を簡素化する「HPE Nimble Storage」および「HPE 3PAR」向けの新ソリューションを発表(HPE)

2018年11月02日(金)HPE

新機能により、ストレージコストの削減、バックアップパフォーマンスの向上、オペレーショナルタイム短縮を実現

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長執行役員:吉田 仁志、以下 日本ヒューレット・パッカード)は本日、インテリジェントなストレージポートフォリオに対応した、新しいハイブリッドクラウド向けのデータ保護およびコピーデータ管理ソリューションを発表します。新機能により、お客様は運用効率を最大95%向上することができると同時に、クラウドへのバックアップを迅速化し、クラウドストレージのコストを20分の1まで削減できます。

  • 次世代の「HPE StoreOnce」バックアップアプライアンスポートフォリオは、データセンターにおいてフラッシュのスピードに対応したデータ保護と、コスト効率の高いクラウドでのアーカイブおよび災害復旧により、ビジネス継続性を向上。
  • コピーデータ管理ソフトウェアの新バージョン「HPE Recovery Manager Central (RMC) 6.0」により、「HPE Nimble Storage 」と連携し、容易かつ高速なデータの複製と保護を実現。
  • 「HPE GreenLake Backup」は、次世代「HPE StoreOnce」とバックアップソフトウェア Veeam およびCommvaultとの統合により強化され、従量課金のITモデルを提供し、コストを最大30%削減。

データは、デジタルトランスフォーメーションのエンジンとして、組織にとって貴重な「通貨」となっています。実行可能な洞察(インサイト)やデータの経済的価値を引き出す能力は、ビジネスの成果を生み出す上で必要不可欠です。しかし、データの保護や管理は、これまで以上に困難になっています。爆発的に増加するデータ量、厳しくなるサービス品質保証(SLA)要件、セキュリティ脅威の拡大に伴い、現在のIT部門は、プライベートクラウドおよびパブリッククラウドのアプリケーションを保護するためのインテリジェントなストレージアプローチを導入する必要性に迫られています。

企業がオンプレミスとクラウドでデータモビリティを簡素化し、効率化するためには、データ保護とコピーデータ管理に対してクラウドに特化したアプローチが必要です。HPE Nimble StorageとHPE 3PARのお客様は、本日発表されたソリューションとサービスにより、オンプレミスのストレージアレイからパブリッククラウドにいたるまで、企業ポリシーやビジネスニーズに合わせて多階層型(マルチティア)のデータ保護をインテリジェントに、かつ容易に実施することが可能になります。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ