1. トップ
  2. トピックス
  3. TensorコアGPUが世界最速のスーパーコンピューターを加速(NVIDIA)

TensorコアGPUが世界最速のスーパーコンピューターを加速(NVIDIA)

2018年06月25日(月)NVIDIA

世界最速のスーパーコンピューター7台のうち、5台がNVIDIA GPUを搭載
新しいTensorコアGPUがHPCとAIを融合し科学的発見を促進。

フランクフルト - 国際スーパーコンピューティング会議 (ISC) — 2018年6月25日 — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、世界トップクラスのAIスーパーコンピューターにはすべて NVIDIAのTensorコアGPUが搭載されていることを発表しました。これは、このたび更新された世界最速システムの上位500位リスト(TOP500)に基づくものです。AIスーパーコンピューターは、従来型の HPCシミュレーションと革新的なAIのワークロードの両方を処理できるという、独自の能力を備えています。

このような新しいAIスーパーコンピューターの中には、世界1位の速度を誇るシステムSummitと、世界3位のシステムSierraが含まれています。この2つはいずれも米国のシステムですが、TensorコアGPUは日本最速のスーパーコンピューター、ABCIにも搭載されています。

これらの新システムからは、TOP500リストにおいてアクセラレータへの移行がより顕著になっている動きが見て取れます。今や、世界最速システム7つのうち5つにGPUが搭載されています。また、最新のGREEN500リストに掲載された、エネルギー効率の上位20システムのうち、17のシステムにGPUが搭載されています。さらに、TOP500リストにおいて増大した演算性能の大半はNVIDIAの GPUがもたらしたものです。

NVIDIAのバイス プレジデント兼アクセラレーテッド コンピューティング担当ゼネラル マネージャーであるイアン バック (Ian Buck) は、次のように述べています。「新しい TOP500リストによって明確に示されているのは、ムーアの法則が終わった時代において、スーパーコンピューティングが進化を続けるにはGPUが必要であるということです。Volta Tensor コア GPUを生み出したことで、NVIDIAはシミュレーションとAIの技術とを組み合わせ、科学を進歩させ、病気の治療法を発見し、新形態のエネルギーを開発できるようになりました。こういった新しいAIスーパーコンピューターはコンピューティングの未来を再定義するものとなるでしょう。」

テネシー大学およびオークリッジ国立研究所の教授であり、TOP500リストの共同作成者でもあるジャック ドンガラ (Jack Dongarra) 氏は次のように述べています。「今年の TOP500リストが示しているのは、HPCとAIの両方をサポートするシステムに向けた、明らかな移行が生じているという点です。この機能を実現しながら、スーパーコンピューティングのコミュニティが要求する性能/効率性目標も達成するには、GPUなどのアクセラレーターが決定的に重要です。」

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ