1. トップ
  2. トピックス
  3. 最新シンクライアント「Dell Wyse 5070」と「Wyse Converter for PC」を発表(DELL)

最新シンクライアント「Dell Wyse 5070」と「Wyse Converter for PC」を発表(DELL)

2018年06月01日(金)DELL

仮想化ソフトウェアも刷新し、シンクライアント管理を簡素化、パフォーマンス、使いやすさを向上

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:http://www.dell.co.jp/)は、従業員のニーズに最も適した構成の選択を実現する汎用性と拡張性に優れたシンクライアントプラットフォーム「Dell Wyse 5070シンクライアント(以下、Wyse 5070)」と、Windows 7または10を搭載する既存のPCをシンクライアントとして再利用することができるソフトウェアソリューション「Wyse Converter for PC」を発表します。また、シンクライアントOS「Wyse ThinOS 8.5」、オペレーションツール「Wyse Management Suite 1.1」の刷新を発表します。これにより、デルのデジタルワークスペースやVDIソリューションの設定、管理、拡張を従来より容易に実現できるようになります。あわせて、VMware Horizonを利用したDell EMCのVDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ) Complete Solutionsを拡張し、ハイパフォーマンスワークロード向けの第14世代PowerEdgeサーバインフラストラクチャと仮想グラフィックスオプションのサポートを新たに追加します。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ