自動車業界

Automotive Industry

日本において世界に通用するリーディング産業である自動車業界ですが、高い国際競争力を継続を保ち続けるためには、環境・エネルギー問題、安全性、グローバル化などさまざまの課題があります。

市場から見えてくる課題

  • 都市の過密化・地方の過疎化や価値観の変化による自動車離れ、人口減少、高齢化問題などによって国内市場の頭打ちは必至
  • 2012年以降、円安の影響により輸出好調は続くが、為替変動への依存は強い
  • こうした為替変動の影響を減少させるため、世界各地に工場を作り、世界市場への提供を現地で実施する体制が組まれている
  • 日本の自動車業界は市場シェアが好調な北米、成長著しい東南アジアへの戦略を強化
  • 今後は伸びしろのまだある中国、急成長を続けるインドをはじめとするアジアやアフリカ新興国への対応も重要
  • グローバル化に向けて、現地から迫られるコスト削減と各国に向けた多様化に対応するための開発期間短縮という、相反する課題が浮き彫りになる
  • グローバルで日本の自動車業界の最大の優位性である品質は、高水準を保ち安全性・信頼性を維持し続けなければならない

これらの既知の課題に対して、次のような新しい技術やアイデアを作り出して実用化していくための取り組みが、自動車業界では始まっています。

新しい技術への取り組み

  • 大規模なM&A、資本提携、業務提携の背景にある最先端技術の革新
  • 地球温暖化などの環境問題や化石燃料のエネルギー問題を解決するためエコカー(EV・HVなど)
  • 鉄・アルミ製やガラス素材等から炭素繊維複合材(CFRP)へ変化することによる自動車の軽量化
  • 人工知能を使用した自動運転による安全対応(2020年代半ばには完全自動運転が想定)
  • グローバル化に伴う、多国間取引による法規制への考慮(環境問題、エネルギー消費、材料コンプライアンス)

アルゴグラフィックスでは、これらの取り組みを力強くサポートする、数々のソリューションを取り揃えています。

製品やソリューションについて、
お気軽にお問い合わせください。