1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 【出展のご案内】第11回 オートモーティブワールド カーエレクトロニクス技術展

ワンストップサービスで実現!
製品開発に必要な情報を共有できる3DEXPERIENCEプラットフォームの早期立上支援

【出展のご案内】第11回 オートモーティブワールド
カーエレクトロニクス技術展

3DEXPERIENCEプラットフォームは、製品開発における必要な情報を一元管理・活用し、製品ライフサイクルに関わる全ての業務をつなぎます。アルゴグラフィックスは、3DEXPERIENCEを立ち上げるために必要な提案~構築~教育~運用~保守をワンストップでご支援します。
本展示会では、自動車サプライヤー様向けに事前設定された短期立上の実践例をはじめ、最新のモデリング機能・解析・FMEAソリューション等をご紹介致します。

場所 日程 時間 会場
東京ビッグサイト 東ホール
ブース番号:E53-22
2019年1月16日(水)~18日(金) 10:00~18:00
※最終日のみ17:00まで
東京ビッグサイト
概要
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社
協賛出展
株式会社アルゴグラフィックス 他1,100社
入場料
5,000円 ※無料招待券を配布しております。
詳細
お申し込み
オートモーティブワールド公式サイト
直接会場へお越しください。
お問い合わせ
弊社担当営業 またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

アルゴグラフィックス 出展コンテンツ

製品開発に必要な情報をすべて共有できる:ENOVIA 3DEXPEREINCE

自動車サプライヤー様を取りまく環境は激しく変化しており、お客様の抱える課題も高度化・複雑化してきています。開発経緯を含めた設計データ共有を可能とする仕組みづくりに対し、アルゴグラフィックスがこれまで培った多数の顧客支援実績におけるノウハウを活用することで、CATIA V5/V6 を軸とした設計情報管理の早期実現が可能となります。本展示ブースでは、V5データ・部品表管理について、一連の業務プロセスを用いてご紹介致します。

高品質のモデリング・シミュレーションを提供する:CATIA 3DEXPERIENCE

昨今の意匠面の多様化、ジェネレーティブデザインなど少量生産用のモデリングをCATIA 3DEXPERIENCEで再現し、モデリングから3Dプリンタまでの出力をご紹介致します。
また、これまで利用していなかった機能の活用など資産の有効活用もあわせてご紹介致します。

モノづくりの高度化を支える統合シミュレーション環境:SIMULIA 3DEXPERIENCE

SIMULIA 3DEXPERIENCEは、モノづくりの高度化を支える統合シミュレーション環境を提供します。構造や流体、樹脂流動等のツールを実装し、外部連携や3D-1D連成など、マルチフィジックスを実現する機能と共通UIによる高い操作性を有します。
また、3DEXPERIENCEで管理されるRFLPモデル内のパラメータを計算モデルと紐づけることができ、パラメトリックスタディによる設計解探索を支援します。

システマティックな故障分析を実現する:FMEAソリューション

FMEA専用ツールAPIS IQは、ドイツVDA 規格に準拠したFMEAを行うことができます。ダイムラー、BMW、ボッシュ、コンチネンタルをはじめ、ワールドワイドで1,500社の導入実績のあるツールです。日本でもサプライヤーを中心に50社以上の実績があり、IATF16949やISO26262に対応することもできます。

※注意事項:内容は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ