1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 【出展のご案内】自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017

【開催終了】本セミナーは終了いたしました。ご来場いだたきました皆様、誠にありがとうございました。

【出展のご案内】自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017

本展示会では、設計業務を支えるベストツールとしてFMEA/リスク分析ツール「APIS IQ」とCAEソリューション「SIMULIA Abaqus」をそれぞれご紹介します。
また、ワークショップにて当社グループ会社の株式会社ヒューリンクス 取締役 執行役員 若林より、「グローバルに通用する故障モード影響解析(FMEA)の統合運用 ~AIAGとVDAの動向への対応~」を講演致します。
さらに、昨年同様にダッソー・システムズのブースでは、「未来のモビリティに向けて車のイノベーションを推進」と題してグローバル製品情報統合システム「ENOVIA」をご紹介します。

場所 日程 時間 会場
横浜 5/24(水) 10:00 ~ 18:00 パシフィコ横浜・展示ホール
5/25(木)
5/26(金) 10:00 ~ 17:00

ワークショップ講演 会場

場所 日程 時間 会場
横浜 5/24(水) 10:20 ~ 10:50 パシフィコ横浜・ハーバーラウンジ 第1会場
概要
主催
公益社団法人自動車技術会
協賛出展
株式会社アルゴグラフィックス 他
ブース番号
アルゴグラフィックス:会場外(コンコース)角小間 402
ダッソー・システムズ:会場内 159
入場料
無料
詳細
お申し込み
「人とくるまのテクノロジー展 2017」公式サイト
http://expo.jsae.or.jp/
一般お申し込み受付期間
4月17日(月)~
ワークショップ事前登録
4月17日(月)~
お問い合わせ
弊社担当営業 またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

展示内容

FMEA/リスク分析ツール 「APIS IQ」

ドイツVDAに準拠し、AIAGのフォームにも対応しており、IATF16949やISO26262等の国際標準に対応可能です。 従来のFMEAにはないシステマティックな故障分析が可能です。構造、機能、故障を表現するネット(ツリー)の分析結果からFMEAシート(DFMEA/PFMEA)、FTA、DRBFMなどさまざまなアウトプットを出すことができます。ネット(ツリー)とこれらのアウトプット間は、相互に同期します。
IBMの予測分析ソフトSPSSとFMEAツールAPIS IQを連携させた設計・製造品質向上についてもご紹介致します。

APIS IQの製品詳細はコチラから

リアリスティック・シミュレーション 「Abaqus Unified FEA」

Abaqusを軸として豊富な機能を有するSIMULIAにより、高度で洗練された設計案を導けます。日常的な解析から高度なエンジニアリングの問題において、多種多様な産業分野に使用されています。高度な非線形解析、大変形に対応した解析、外部ツールと連携したマルチフィジックス解析など様々なリアリスティック・シミュレーションが実現可能です。 データマイニング/アナリティクスツール IBM SPSS Modelerのクラスター分析によって設計解探索の効率化が図れます。

Abaqus Unified FEAの製品詳細はコチラから

グローバル製品情報統合システム 「ENOVIA 3Dエクスペリエンス」

ENOVIA3Dエクスペリエンスは、製品開発の情報管理システムとしてさまざまな業界で採用されています。グローバル企業の協調設計や現地設計・現地生産におけるデータの一元管理など、ストレスのない運用パフォーマンスを実感いただけます。

ENOVIA 3Dエクスペリエンスの製品詳細はコチラから

ワークショップ講演

グローバルに通用する故障モード影響解析(FMEA)の統合運用
~AIAGとVDAの動向への対応~

設計・製造の拠点の海外への広がり、納入先・仕入先が海外企業となってくるなど、文化の違い、言語の違いを吸収して、世界レベルで品質を維持することが必須となっています。
設計や製造において品質を維持するにはFMEAを共通言語とすることが、認識の齟齬の回避、ノウハウの蓄積、技術の移転に役立ちます。そのためのツールの紹介と活用例を示します。

日程:5月24日(木)10:20-10:50

会場:パシフィコ横浜・ハーバーラウンジ 第一会場

受付:4月17日(月) 一般事前登録開始 ※費用無料

※注意事項:内容は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。

ページトップへ