SIMULIA V5

CATIA V5アナリシス製品シリーズの機能を拡張

SIMULIAは、ご使用いただいているCATIA V5環境下で「非線形解析」および「熱解析」を行うことを可能にし、今までのCATIA V5アナリシス製品シリーズの機能を拡張することができます。

CATIA V5 Analysis / SIMULIA V5 / SIMULIA V6 相関図

  • ANL
  • ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス (ANL)
非線形解析モジュール
GPSの機能を拡張し、大変形や材料非線形といった非線形効果を含む高度な解析を扱います。
典型的な金属の塑性やゴムのような超弾性は材料非線形としてモデル化することができ、更に、接触サーフェスを自動検出し生成するといった高度な接触機能も提供します。
  • ATH
  • サーマル・アナリシス(ATH)
熱伝導解析モジュール
従来のCATIA V5アナリシスの機能を拡張し、設計者による設計の熱挙動の理解を可能にします。サーフェスへの熱伝達や、熱流束、温度荷重による定常または非定常温度分布を計算します。
熱材料特性には温度依存性を考慮でき、アセンブリー解析ではパーツ間の接触面の熱伝導を指定できます。
  • RBM
  • ルール・ベースド・メッシング(RBM)
メッシングルールモジュール
ルール・ベースド・メッシング(RBM)は、FMSの機能を拡張し、CATIAメッシング・ツールを用いるすべてのワークフローにおいて高品質サーフェス・メッシングの自動化を可能にします。
穴、フィレット、ビードなどの要素への任意のメッシング指定や、最小限のエッジの長さ、アスペクト比、歪みなど、各要素の品質基準を指示することもできます。

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせはこちらから
資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ