XVLソリューション

「いつでも」「どこでも」「だれでも」
利用・活用可能な “Casual3D”

設計での3D CADの活用はここ十年で非常に活発になってきましたが、設計・開発以外の部門では依然、従来と変わらず紙図面をベースとした業務運用が主体となっています。
設計・開発分野にとどまっている3D活用・3D適応を「ものづくり業務全体」に広げることが、「3Dを使ったものづくりの効率化」であり、多くの製造業の現状の課題でもあります。
純国産の3D活用フォーマット=XVLは、3Dをものづくりの様々なシーンで活用可能な素材=情報伝達媒体とし、「3Dを使ったものづくりの効率化」を実現可能とします。

CAD現場の声

  • 高価な端末が必要でデータが見たい時に見れない。
  • ファイル容量が大きくてレスポンスが悪い。
  • 操作が難しい。

XVLソリューションが解決!

  • XVLは設計が3D CADで表現・蓄積した情報を、「いつでも」「どこでも」「だれでも」利用・活用可能な"Casual3D(業務素材)"とします。

Casual 3D XVLソリューション

画面構成

XVL サンプルコンテンツ 体験版をお試しになる場合は、「XVL Player(無償)」と「Lattice3D SVG Viewer(無償)」をインストールする必要があります。下記のURLよりダウンロードして下さい。

http://www.lattice.co.jp/ja/download/index.html

設計CAD補完

総当り干渉チェック
CADでは時間がかかる干渉チェックを軽量化されたXVL上で実施することで、CADライセンスの効率的な運用が可能。
チェック結果はExcel形式でレポート出力が可能なため、必要に応じた検証が可能。
差分検出
変更前と変更後や、流用前と流用後など2つのモデルを構成・形状などで比較可能。
比較結果はExcel形式でレポート出力が可能なため、必要に応じた検証が可能。
設変結果保証データとして活用可能。

図面代替

テクニカルイラスト作成
XVLデータを利用し分解図やユニット図など、実機や図面が無い状態でもイラスト作成業務を可能にします。
3Dモデルを利用することで、作業者のスキルに依存しない、品質の均一化が実現できます。
パーツリストで作成
形状と番号、複数の情報がクリックで連動する環境を提供可能。3D CAD上では当然の環境を誰にでも参照可能にします。
入力済み情報を再利用し、人に優しい・分かりやすい情報参照環境を提供します。

帳票利用

形と部品表の融合
3Dデータの持つ「形状」情報と「部品」情報を容易に利用可能とします。
帳票作成の工数を削減すると共に、品質を安定させ設変時の手戻りを削減させることが可能です。
使い慣れた道具の利用
現場への3D活用を推進する際、「普段使い慣れた道具」を利用できることは非常に重要です。
「Excel上で3Dデータが扱える」ことを実現したXVLは、これまでの概念を覆す「3Dを使った帳票」「帳票作成の効率化」を可能とします。

Web共有

情報の一元化
グローバルなものづくりを進めていく上で、情報を隅々まで行き渡らせ、且つ常に最新の情報を伝えることは非常に重要です。
情報のデジタル化はシステムの連携を可能とし、スピーディな業務環境を提供可能とします。
情報のビジュアル化
「形」「部位(場所)」を相手に伝える時、文字では多くの情報を必要とし、絵では断片的な情報しか伝えることができません。
3Dを利用することで、現物同様の「モノ」を使った意思伝達が可能となり、さらに各種情報を関連性を持って伝えることが可能となります。

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせはこちらから
資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ