Allinea MAP/DDT

高効率な並列プログラム開発を
容易に行うことができる、
プロファイラ、デバッガ。

Allinea Software Suiteは分散並列環境用のプロファイラであるMAPとデバッガであるDDTから構成されており、並列プログラムの開発効率を一段と高めることが可能です。
また、MAPおよびDDTはNVIDIA CUDA7.5、CAPS HMPPやOpenACCを完全サポートにサポートしていますので、 NVIDIAのGPGPUおよびIntel Xeon Phi用に開発したプログラムの最適化やデバッグをすることも可能です。

MAP Ver. 6.0が選ばれる理由!

  • 専門家の助言やトレーニングなしに結果を簡単に得ることが可能
  • コードの遅い部分をハイライトし、結果を明確に表示するため、問題点が一目瞭然
  • 特別な機器やライブラリを準備する必要はなく、ただコンパイルして実行するだけでプログラムのホットスポットが判別可能
  • 各ホットスポットがなぜ存在するかが明確になり、コードに対する深い理解が可能
  • 単一のプロセスから数万のプロセスまで対応可能な高い拡張性を持っており、処理速度の低下は5%程度
  • 異なるクラスターやアーキテクチャでのパフォーマンスの違いを比較可能
  • より少ないオーバーヘッドで、より多くの結果を素早く表示可能
  • プログラマへの負担が減り、重要課題の解決に注力可能
  • 高い並列効率のコードを増やし、システムの利用率を高めることが可能

DDT Ver. 6.0が選ばれる理由!

  • きわめて直感的で拡張可能なインターフェースで使いやすい
  • 使用しているのがマルチコアワークステーションであるか、高性能クラスタであるかに関わらず、素早くバクを修正可能
  • NVIDIAの最新ツールキットに対応しているため、同一画面上でCPUおよびGPUのスレッドを並べて表示可能
  • 現在の処理箇所を明確に示す強化された並行スタック表示機能を搭載
  • メッセージキュー分析機能により、プログラムのデッドロックを検出可能
  • 構文の強調表示付きでソースコードを自動的に表示可能
  • メモリデバッグ機能により、メモリリークや境界エラーを追跡可能

MAP Ver. 6.0の機能概要

プログラムの実行後、最も時間のかかった行を表示

NVIDIA CUDAやOpenACCに完全対応

緑のグラフは浮動小数点演算に使用した時間、
青のグラフは通信に使用した時間、
赤のグラフは使用したメモリ量を表示

AVX拡張命令を含む、ベクトル化されたSIMD命令のCPU使用率を表示

MAP Ver. 6.0対応言語および対応プラットフォーム

対応言語:C/C++ (including C++11), Fortran, F90, OpenSHMEM (on MPI), OpenMP and pthreads.
対応プラットフォーム:
アーキテクチャ OS MPI コンパイラ
x86_64 Red Hat Enterprise Linux and derivatives 5, 6 and 7
SUSE Linux Enterprise 11 and 12
Ubuntu 12.04 and 14.04
Bullx MPI 1.2.7 and 1.2.8, Cray MPT, Intel MPI 4.1.x and 5.0.x, MPICH 2.x.x and 3.x.x, MVAPICH 2.0 and 2.1, Open MPI 1.6.x and 1.8.x, Platform MPI 9.1, SGI MPT 2.10 and 2.11 Cray, GNU 4.3.2+, Intel 13+, PGI 13.10+
Intel Xeon Phi
(Intel MIC)
MPSS 2.1.6720-19, 3.1, 3.2
Please note: older versions of MPSS are not supported.
Intel MPI and native mode Intel, GNU
DDT Ver. 6.0の機能概要

単一のパネルから何千ものプロセスを制御可能

MPIのメッセージキューの状態表示と履歴が保存可能

プロセスあるいはスレッドの例外処理の明示

VisITコネクターによる大規模データの可視化機能

DDT Ver. 6.0対応言語および対応プラットフォーム
対応言語:C/C++ (including C++11), Fortran, F90, Coarray Fortran, SHMEM, OpenSHMEM, UPC, CUDA, OpenMP and pthreads.
対応プラットフォーム:
アーキテクチャ OS MPI コンパイラ
x86 and x86_64 Red Hat Enterprise Linux and derivatives 5, 6 and 7
SUSE Linux Enterprise 11 and 12
Ubuntu 12.04 and 14.04
Blue Gene/Q, Bullx MPI 1.2.7 and 1.2.8, Cray MPT, IBM PE, Intel MPI 4.1.x and 5.0.x, MPICH 2.x.x and 3.x.x, MVAPICH 2.0 and 2.1, Open MPI 1.6.x and 1.8.x, Platform MPI 9.1, SGI MPT 2.08, 2.10 and 2.11 Cray, GNU 4.3.2+, Intel 13+, PGI 13.10+
Intel Xeon Phi
(Intel MIC)
MPSS 2.1.4982-15, 2.1.6720-19, 3.1, 3.2 Intel MPI and native mode Intel, GNU
IBM Power Red Hat Enterprise Linux 6 IBM PE, MPICH 2.x.x and 3.x.x, Open MPI 1.6.x and 1.8.x IBM XLC, IBM XLF, GNU
Blue Gene/Q Red Hat Enterprise Linux 6 Native GNU and IBM
ARM v8 (aarch64) Ubuntu 14.04 Open MPI 1.8.2 GNU
NVIDIA CUDA CUDA driver/toolkit 5.5, 6, 6.5 and 7.0
Linux
Same as host platform. Cray OpenACC, PGI OpenACC (14.4 and above), NVCC, PGI CUDA Fortran (14.1 and above)

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせはこちらから
資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ