ご提案 製品・設計情報管理システムの構築と見直し

PLMシステム導入で、
グローバルなデジタルモノづくりを可能に

製品開発の上流から下流までの、製品ライフサイクル全体を一元的に管理するPLM(Product Lifecycle Management)システムは、グローバルな協調設計、生産供給のカギとなるソリューションです。

製品ライフサイクルの全段階の各プレイヤーが、あらゆる情報に適切にアクセスできる
【製品にまつわる全データを可視化】

PLMシステムを構築することで、製品開発プロセスを可視化し、企画・開発から、解析、生産準備、生産、保守、アフターサービスまで、ライフサイクルを構成するすべての段階におけるデータを蓄積して、柔軟に活用することが可能になります。

製品情報の一元管理

PLMシステムでは、複数の部門や組織に分散した製品にまつわるあらゆるデータを、単一のデータベースで統合的に、どこからでも自在に活用することができます。

製品情報の統合・一元管理により情報活用度アップ

経営部門、企画開発部門、設計部門、製造部門、保守・アフターサービス部門がそれぞれ別の地域、別の国であっても、PLMシステムを導入すれば、各部門のデータを機能的に蓄積し、単一のデータベースで統合管理して、どの部門からも自在に活用することができるようになります。

図面ベースからBOM(部品表)ベースの管理へ

PLMを導入することで、製品情報管理のコンセプトは大きく変化します。

【PLMシステム導入前】

従来の製品・設計情報管理の手法では、設計を個別のCADで行って図面をPDM(Product Data Management)で管理し、CADの設計データから部品明細(BOM:Bills of Materials)を作成して、製造部門ではそれら2つのデータを改めて付きあわせて調達・製造を行なってきました。
しかし、こうした管理手法は今や、過去のものとなりつつあります。

【製品にまつわる全データを可視化】

【PLMシステム導入後】

PLMシステムを導入することによって、設計部門が作成するCADによる図面データとE-BOMを連携させて蓄積し、さらに、製造に必要となるM-BOMを、E-BOMとの連携を保ったまま、単一のデータベースで管理、活用することができるのです。

BOM(部品表)ベース管理のメリットとは

部品(BOM)中心の情報管理

PLMシステムを導入してBOMベースの情報管理を実現することで、次のようなメリットが得られます。

  • 末端の部品から、設計の経緯をさかのぼってたどることができる
  • 市場ニーズから、要求仕様、製品スペック、部品の形状・属性へとスムーズに情報をトレース
  • 市場における不具合報告から、製品開発上流工程へと素早くバックトレース
  • 製造現場だけでなく、企画開発からトータルでQuality、Cost、Delivary(QCD)の向上
  • タグチメソッドをはじめとする品質工学を適切に適応して、品質向上とコスト低減を両立

プロジェクト管理

さらに、製品開発をスケジュール通り完遂するためには、製品の構想段階から活動終了までをひとつのプロジェクトとして、製品にまつわるあらゆる情報を一元管理する、プロジェクト管理の仕組みが必要です。

基本的な機能:

  • プロジェクト情報の一元管理 (日程、リソース、成果物、予算 など)
  • 製品開発プロセスを標準化しテンプレート化
  • プロジェクトの各プレーヤーへの指示・実績を管理・共有
  • プロジェクトタスクの進捗管理
  • リソース負荷管理(負荷状況の確認、リソースの割当て など)

そして、「グローバルなデジタルモノづくり」の実現へ

PLMシステムが実現することは、高品質製品の最短デリバリータイム提供、品質工学の最大活用、不具合対応の高速化、といったプラクティカルなモノづくりの最適化にとどまりません。

全世界の事業所へとあらゆる情報を、シングルDBで適切にアクセス管理して公開・共有
【リアルタイム協調設計】

グローバル化の進む世界環境において、よりバリューのある製品を、よりスピーディに、よりリーズナブルに提供するためにはあらゆる製品関連情報を、適切なアクセス権と共に、全世界の各部門へと迅速に提供することが必要です。
情報のガバナンスを確保してはじめて、世界規模でのリアルタイムの協調設計、生産準備、生産ライン管理、保守・アフターサービスが可能になります。
そしてそれを単一データベースによる統合管理で実現するのが、アルゴグラフィックスのご提案するPLMシステムです。

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ