ご提案 設計力と競争力を高める!3次元設計とその効率化!

インフラ構築から設計ルール・ライブラリ整備、
人材育成までサポート

設計力と製品競争力の向上を目指して、3次元設計をスムーズに立上げ、効果的に運用して頂くためのご提案です。

そのための代表的なステップを順番にご紹介します。

Step.1 … 3次元設計の基盤構築

インフラ導入と運用管理

ハードウェアとソフトウェアの選定、設置、運用管理をトータルにご支援します。

  • CADシステムの構築
  • 運用管理者育成および派遣

設計ルールと標準部品ライブラリ

3次元設計の目的をお客様とともに明確にし、それに向けた施策を計画し、お客様とともに実行してゆきます。

  • CAD設計運用ルールの整備
  • 標準部品ライブラリーの整備

3次元CAD教育

標準的な教育から業務特化型のカスタム教育まで、幅広いニーズに応える柔軟な教育サービスをご提供して、3次元設計を支える「ひとづくり」をサポートしています。

Step.2 … 効率的運用法の策定

効率化支援サービス

  • 設計標準やモデリングルールに準拠したライブラリー活用方法
  • 設計現場への定着を目指した、フォローアップ・オンサイト教育支援

データ品質・ルール適合度向上

サプライチェーン連携、あるいは自社内部署間連携には、作成ルールに則ったデータ作りが必須です。ルールに合わないデータは送り手、受け手双方にコスト増をもたらします。

テンプレート・マクロによる設計効率化

投資対効果を確実にあげるためのテンプレート活用には秘訣があります。そのためにも、適用対象を綿密に計画する必要があります。
マクロにより操作を自動化します。また、外部処理との連携を可能にします。

Step.3 … 効果の刈り取り

3次元設計の効果は、次のような具体的なメリットの形で刈り取ることができます。

設計作業効率化

  • 形状の比較、干渉や質量のチェック
  • 時間の節約(図面を読む時間、コミュニケーション)
  • 図面作成時間の短縮(投影図、部品表作成の自動化)
  • 問い合わせの減少

CAE解析の効率化、高精度化

  • 3次元化による精度向上
  • CAE解析担当者での3Dデータ化作業の削減
  • モデリングルールの確立による作業効率化

下流工程での効率化

  • 試作回数の減少
  • 機械加工用データの作成に活用

Step.4 … 活用範囲の拡大

3次元データを活用して、導入効果をより高める施策を考えます。

  • 意匠設計での新しい3次元活用

  • プレゼンテーションでの活用でマーケティング効果を得る

  • メンテナンストレーニングでの活用で、より効率の高い教育

  • デザインレビューでの活用で、製作前の不具合検討精度を高める

  • 情報伝達力の高いカタログ、取扱説明書、作業指示書を作成

  • リバース・エンジニアリングでの活用で、設計と現物の差異の確認

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ