ご提案 設計データとプロセスの管理

設計データの紐づけ管理と
ワークフローとの関連付けで、快適な設計環境を。

設計に関連する3次元データおよび関連文書を素早く見つけ出せること、かつそれらが真正のものであること。これが設計作業を滞りなく進めるためには必要ですが、現実にはなかなか実現できていないようです。そのための設計作業負荷が高まり、ひいてはコスト高、製品品質への影響も考えられます。
対策は、3次元データを製品や部品に紐づけた管理、そして、設計のワークフローの適切な管理です。これによって、いつ、誰が、どのような目的で、設計データを変更したのか、またそれに紐づくCADデータがどれなのか特定することができます。

【設計データが適切に紐付け管理された状態】

部品と設計データの紐づけ管理

部品に、 CADモデル、図面、ドキュメント等のデータを相互に紐付けして一元管理します。

BOMを中心に、各種データが紐づけられます

設計部品表(BOM)の管理と結びつき、製品を構成するすべての情報へのアクセスが可能になります。

設計変更の管理

設計変更要求(ECR)と設計変更指示(ECO)に対し、様々なデータや情報を関連付けて管理します。

各方面からの変更要求を、管理して履歴を残し、トレースを可能にします

データのバージョン管理

作成されたデータ(ドキュメント)はバージョン管理され、過去のデータも含め保存されます。
管理者は、設計変更にドキュメントのバージョンが紐づけされているので、特定のECO/ECRに対応するデータを取り出すことができます。
設計者は、変更が施される前のデータを必要に応じて取り出すことができます。

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ